まず掛け金が所得税の控除に使える

イデコは、毎年一定の金額までなら所得税の控除に使えるという特徴があります。つまり、ただ掛け金を払っているだけでも大きな節税効果が得られるという仕組みです。サラリーマンの人は限度額が低いのであまり効果はないかもしれませんが、自営業の人なら年間80万円ほどの控除枠がもらえるので、有効な税金対策の一種となります。掛け金は将来的に増えて手元に戻ってくる可能性がありますから、損にはなりません。国民年金やその他社会保険料控除と併用をしていくと、より効果は大きくなります。

リバランス時に税金が取られない

通常の株式投資や投資信託投資では、リバランスをする際にどうしても税金がかかってきてしまいます。税金は利益の20%ほどなので、これを取られるのは大きいですよね。ですが、イデコ口座内でリバランスをする時には、税金がとられないのです。これも、非常に大きな節税効果を生みます。したがって、限度額いっぱいになるまでイデコ口座で投資をするのがおすすめです。

売却してお金を引き出す際にも節税効果が得られる

リバランスのときのように完全に非課税というわけにはいきませんが、将来的にすべての投資信託を売却してお金を手元に戻す場合にも、税金の優遇措置を受けることができます。一時金として受け取る場合には、退職所得控除の適用が可能になります。また、年金として受け取る方式を選んだときにも、公的年金等控除というものの適用が受けられるので、単純に売却するよりかは大きな税金対策となります。デメリットもないわけではありませんが、それよりもメリットのほうが大きいと見る人が多いです。

イデコは月々の掛け金を積み立てして、60歳以降に一時金もしくは年金で受け取る金融商品。積み立て時には全額所得控除の対象となるほか、受け取る時にも所得控除の対象となるため、節税対策にも適しています。