なぜ自動車保険が必要か

自動車の車検を受ける際や新規登録の際に、強制的に加入が必要な自動車賠償責任保険があります。これは日本国内の道路を走行する自動車には必ずかけておかなければならない保険ですが、この保険がカバーしている対象は主に対人であり、対物保証はかなり限られています。ですから、万が一事故にあった場合、この保険金では不足する事態が多々あります。そんな時に必要なのが、自賠責保険ではカバーしきれない部分を保証する任意の自動車保険です。損保各社で取り扱いがあるこの保険は、基本的には自由に保険の内容を変更できます。各社かなり多くのプランが用意されていますので、自分にあった自分が必要なプランをしっかりと選ぶようにしましょう。

必須項目は対物対人無制限!

万が一、死亡事故を起こしてしまった場合、自賠責保険ではカバーしきれないリスクを補う為に、自動車保険では、対人対物の保証が無制限に保証されるプランを選びましょう。多くの損保会社では一般的に対人対物無制限プランを推奨しているのはこの為です。万が一の事故の時に、相手に対する賠償金は無制限で保険金から支払われますので安心です。更に追加で車両保険に加入すれば、壊れてしまった自分の自動車の修理代も保険金から支払われますので安心です。車両保険には、自動車同士の事故の場合に保証される限定型と、自損事故の場合でも補償される一般型に区分されます。もちろん保険料は保証が手厚い一般型が最も高くなりますので、加入の際はじっくり吟味しましょう。

毎年更新する自動車保険の比較で特約は見てますか?例えば通勤はミニバイクや自転車通勤で自動車は週末しか乗らない場合、保険特約にミニバイクや個人賠償が含まれるか否かで決定しましょう。