交通事故の被害者になった場合

交通事故の被害者になった場合、加害者が加入している保険会社と過失割合をめぐり意見の相違が生じる可能性があります。そのとき、法律の専門家の助けを得ていない被害者は、保険会社の提示した過失割合に従った補償しか受けられず、泣き寝入りになる可能性があります。交通事故の被害者であるにもかかわらず、加害者サイドの言いなりになるのは不合理ですよね。そのため、弁護士の力を借りて、なるべく実態に即した過失割合を証明することが重要になります。

離婚の当事者になった場合

離婚するときは結婚するとき以上にエネルギーが必要だとよく言われますが、実際にもそれは当てはまります。特に、離婚する相手が不貞行為や結婚を継続しがたい行為を行っていた場合など、証明すれば有利になるにもかかわらず上手にアピールできないこともあるでしょう。そういうときは、離婚に特化した弁護士に頼むのが一番だといえます。弁護士に頼むことで、慰謝料や親権などの争いで、損をすることがなくなる場合もあります。

いざというときに役に立つ弁護士保険

これまでに述べたケースは、弁護士を活用すべき典型的なものでした。ただ、弁護士は相談料や着手金など何かと費用がかかりそうなイメージがあります。手持ちのお金が少ない人が、弁護士を頼めないとなれば何かと不都合だといえます。そこで、お勧めなのが弁護士を依頼するときのために掛け金を支払っておく弁護士保険です。弁護士保険の多くは、弁護士に頼むときにネックとなる相談料や着手金を補償することで、初期費用を少なくする効果があります。

弁護士保険特約がついてる自動車保険がありますので、積極的に活用したいものです。示談等を専門的知見から行ってもらえます。