どれぐらいの費用がかかるか

離婚問題や相続トラブルなど思わぬ問題が発生することがありますが、この場合には自分たちで解決できないことが多くなります。自分たちで解決できない場合には、法律のプロである弁護士に相談すると良いでしょう。ですが、弁護士に相談をしたことがない人からすれば、どれぐらいの費用がかかるかわからず積極的に利用できないかもしれません。

弁護士の費用の一つである相談料ですが、最近は初回の相談料をとらないことが多くなっています。これに対して、契約をする段階に至れば、まず着手金を必要とします。着手金は事務所によっても異なりますが一件当たり2万円から5万円くらいかかるのが普通です。

次に、成功報酬を支払わなければなりませんが、成功報酬は弁護士を使ったおかげで得ることができた金額のうち20パーセント程度になることが多くなります。例えば、相続問題で弁護士を利用したために1000万円手に入れることができたならば、200万円ほどを成功報酬として支払うことが多いです。

どのような弁護士を選ぶ必要があるか

弁護士を選ぶ場合には、だれでもよいわけではなく、それぞれの弁護士が専門分野を持っていますので、その専門に強い人を選ぶべきです。これは、医者と同じように考えれば分かりやすいでしょう。医者には、内科の先生や皮膚科の先生そして産婦人科の先生などがいますが、それぞれ専門分野には深い知識と経験を持っています。

弁護士にも同様のことがいえ、離婚による慰謝料請求をする場合には、離婚に関する専門の弁護士を選ぶことで、求めている結果を出すことができる可能性が高くなるでしょう。

mikataに加入した人は、リーガルカードとステッカーがもらえます。カードを相手に示したり、ステッカ-を家に貼っていれば、弁護士が味方に付いていることが相手にわかり、トラブルを未然に防げます。