はじめに簿記検定とは!

皆さん、簿記と言う言葉を知っていますか?簿記とは企業の日々の経営活動を記録や計算、整理をして、経営成績や財政状態を明らかにすることです。この簿記に関する基礎知識や実務能力を判定するのが簿記検定です。大学で経済や経営学を専攻していた人の中には検定を受けたことがある人もいるのではないでしょうか。この簿記検定はちょっと勉強しただけでは合格はできません。しっかりと簿記に関しての基礎を理解し、それぞれの状況に応じた記録や計算をしなければなりません。それではどの様に勉強したら良いのかを見ていきましょう。

簿記検定の勉強方法!おすすめは独学??

簿記検定の勉強方法は大きく分けて2つあります。1つ目は通信教育や資格スクールを使うこと。これらはプロが作った教材を使えますし、アドバイスなどももらえるためとても便利です。しかしその反面、コストがかかってしまうのが痛いところです。2つ目は独学です。独学は参考書や問題集さえ買ってしまえばその他のコストはかかりませんが、モチベーションの維持が難しく、勉強法を間違えると合格には結びつきません。しかし、勉強のコツさえ掴んでしまえば、通勤時間などの隙間時間を上手く使うことが出来るので自分のライフスタイルに合わせて勉強ができます。どちらの勉強方法が良いかは人それぞれですが、コツコツ勉強するのは苦にならない、自分のライフスタイルに合わせた勉強がしたい、勉強にかかるコストを抑えたいという人には独学をおすすめします。いかがでしたか?どんな方法でも自分に合った勉強方法を見つけて、合格を目指しましょう!

簿記の講座で基礎を身につけておけば確実に合格する事が出来るので、3級・2級・1級と確実にステップアップしていきましょう。