宅建試験の合格者数は?

宅建は毎年20万人ほどの方が受験をしている人気のある国家資格です。合格者数はおおよそ3万人を前後するほどで、受験者の約16%から17%が合格をしています。法律に関係する資格の中では、合格率は比較的高いといえるでしょう。

宅建試験はどうやって受ける?

宅建の試験は年に1回、通常であれば10月の第3週に実施されます。試験は居住している都道府県にある指定された会場で受けることになります。受験資格には制限がなく、学歴や国籍が問われることはありません。小学生からお年寄りまで、老若男女さまざまな方が毎年試験を受けています。試験の内容は全50問の四肢択一のマークシート方式です。出願は郵送またはインターネットから申し込めます。

宅建の勉強方法は3種類

宅建の勉強方法には専門学校に通学、通信講座、独学があります。宅建の専門学校は数多くあり、多くの方が通学して資格取得を目指しています。スケジュールを立てて、自分自身を律して勉強をしていく自信のない方は専門学校へ通うのがいいでしょう。通信講座も忙しい方に活用されている勉強方法です。通信講座は自宅で勉強することになりますが、教材は送られてくるので的を絞ったテキストで効率よく勉強できるでしょう。自宅のほうが集中できる方にも向いているでしょう。また、独学で試験に合格している方が多いのも宅建です。実際に、参考書を買って自宅で独学して試験に合格しています。費用もかかりませんし、自分のペースで勉学に励めるのが独学の良いところです。やる気と根気で、一人での勉強でも頑張っていける自信がある方は通信講座や独学がいいかもしれません。

国家資格を取得したいと試験を受ける方が多いです。しかし独学は試験の際のポイントが分かりづらいです。そのため宅建の講座を受けて合格率をあげます。