揺らぐ年金制度とこれからの対策

個人型確定拠出年金への関心が高まっているのは、それだけ多くの人が関心を寄せている事実を物語っているのではないでしょうか。先進国の中でも突出した高齢化を迎えているのが日本であり、既に待ったなしの状況になっています。

増え続ける高齢者に対して、若者の数は少ないのが実態です。当然ながら、年金制度への不安は増大することになります。個人型確定拠出年金は、自らで老後に給付される資金を運用しようというものであり、注目を集めているのです。株式や国債、投資信託などを組み合わせることで、より優位性を持った運用を目指しているのです。確かに年金制度自体が根幹から揺らいでいるのも事実かもしれません。人口構成から見ても、極めて厳しい時代といわざるを得ません。

賢く運用できれば老後は安心

年金制度への不安が度々のように取り上げられる中、自らでその対策を講じなければならない時代を迎えました。もはや、年金だけで生活をカバーするのは難しくなり、その足りない分をどのように補っていくかが問われているのです。株式投資や先物取引、不動産投資などを積極的に行おうという人も増えています。とりわけ、不動産投資では、老後に安定した家賃が期待できるとして脚光を浴びているのも事実です。必ずしも思い描いたような結果になるとは限りませんが、投資家の数は増え続けています。

老後の生活費を増やす目的で行うのが投資ですが、そのリスクがあることも念頭におく必要があります。超低金利時代の中、いかに賢く運用できるかがカギを握ります。

個人型確定拠出年金は、将来受け取ることができる年金を増やすことができるだけでなく、節税にも繋がるというメリットがあります。