時効援用という言葉、知ってますか?

あまり陥りたくはない状況ですが、借金していてどうにも返済の目処が立たないというとき、あなたならどうしますか?別なところから借りて返済というのでは自転車操業になってしまいますし、自己破産の場合は裁判所から、自分に支払い能力がないことを認めてもらって免責許可を得なければなりません。許可を得るまでに何ヶ月という長い時間がかかり、その結果許可が得られないという可能性だってあります。ところで時間がかかるといえば、実は借金にも時効があることをご存知ですか?もちろん時効が成立すれば金額の多寡にかかわらず、返済の必要がなくなります。しかし、ただ時効を待つだけでは借金はなくなりません。時効援用という手続きが必要となります。

成立すれば借金はなくなるけど

時効援用とは、一言で言えば時効が成立して借金の返済義務がなくなったことを債権者に伝えることです。時効は消費者金融であれば5年、信用金庫であれば10年といった具合に借りた先によって変わってきます。そして時効援用するためには、その間に一切支払をしていないという事実が必要です。一度でも債権者の督促に応じてしまうと返済意思があると見なされ、援用ができなくなってしまいます。つまり時効援用を実現させるためには債権者からの追求を時効になるまで逃れなければならず、かつ、時効援用する意思を債権者に伝えなければならないのです。もちろん時効成立するまでの間、債権者から頻繁に督促が来るでしょうし、その追求から逃れ続けるのはなかなか難しい話です。はじめから時効援用をアテにするのはあまり現実的ではありません。あくまで借金をなくす手段の一つとして、記憶の片隅にとどめておく程度にしておいた方が無難なようです。

時効の制度を利用する意思を相手に伝えることを時効援用と言います。借金をしているのであれば、この手続きをすることで借金を帳消しにすることができるようになります。