相続税増税で困る人が増加

平成27年に相続税増税が話題になりましたが、自分には関係ないと思っている方が大半ではないでしょうか。でも、実際に増税以降に困った人はたくさんいます。相続税とは、定められたある一定の相続財産について、超えた分に対してルールのもと計算された税金のことです。では、なぜ関係ないと思っていた人が、相続税で困る事になるのでしょうか?そこで、自分には関係ないと思っている方の為に、相続税増税の注意点についてまとめてみました。

相続税増税ってどういう意味?

そもそも相続税増税とは、税率があがった(変わった)ということだけではありません。いままで相続税の対象だったトータルの相続財産が、下がったという事です。これによって、相続税の対象になる人がかなり増えました。なぜ増えたのかというと、現金や株・証券などお金に換算できるものは、計算すれば合計がでて分かりやすいのですが、不動産においては相続税の計算方法が違うからです。

不動産は相続税増税で特に注意!

不動産は、相続時に特例や計算方法などが法律で定められています。相続税対策さえしていれば、困らない事が多いのも現実です。都心部に土地や建物があれば、ある程度財産の計算においては予測できそうですが、相続税においては計算方法が全く異なります。たとえば、田畑や空き地にしていた土地でも、宅地とみなして計算される為、思った以上の相続財産となってしまい相続税を払わないといけなくなるのです。いずれにしても相続財産に不動産がある場合は、注意する必要があります。あとで後悔しない為にも、早めに税理士などの専門家に相談しましょう。

相続税の申告とは、相続や遺贈により財産を取得した人が、その相続が開始した日から一定の期間内に、どのような財産を取得し、また、どれくらいの税金を納めるのかを税務署に申告することをいいます。